「入院病棟閉鎖のお知らせ」

当院は有床診療所として、昭和50年より40年余りにわたって入院診療を行ってまいりました。

しかしながら、入院病棟の老朽化にともない、今後改正が予想される新たな耐火基準・耐震基準に適合することが困難な状況となりました。加えて、新たに設置が義務付けられたスプリンクラー設備につきましても、現在の建物では設置することが不可能な状況です。

行政機関などとも協議を重ねましたが有効な打開策は見出せず、やむなく2017年11月30日をもちまして入院病棟を閉鎖することにいたしました。

今後は一般診療所として、外来診療のより一層の充実に努めてまいります。また、入院が必要な患者さまには、ご希望をうかがった上で適切な医療機関を紹介させていただきます。

今後も地域に根ざした診療所として、みなさまのお役に立てるよう努力してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

医療法人社団 南医院
院長 南 篤(みなみ あつし)